メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慶応医学賞

筑波大教授ら

 慶応大は13日、医学や生命科学の優れた研究者を表彰する今年の慶応医学賞に、眠りをコントロールする脳内物質「オレキシン」を発見した筑波大の柳沢正史教授(58)と、遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術をヒトの細胞に応用した米ブロード研究所のフェン・チャン博士(36)を選んだと発表した。

 柳沢教授は、オレキシンの欠乏が睡眠障害…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです