メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

最高潮位の過小評価回避 実態に合うよう3分の平均値に

滑走路が浸水した関西国際空港=2018年9月4日午後6時、本社ヘリから

 気象庁は、海面の最高潮位の記録について、3時間の平均水位「平滑値」を取りやめ、3分間の平均水位「瞬間値」で示すと発表した。短時間で水位が急激に変動した場合に、実際の測定値よりも潮位が低く数値化されるのを抑える狙いがある。

 潮位は、基準となる海面の高さをもとに計測した水位から、波などの短い周期の上下変動を除いて算出する。気象庁はこれまで、平滑値の最大値を最高潮位としてホームページで公表していた。

 しかし、今月、近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号は、日本付近の移動速度が約60キロ前…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです