メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

ゲリラ豪雨予測 よりきめ細かく ウェザーニューズが新アプリ

雨雲予測の解像度が高まったアプリの画面=ウェザーニューズ提供

[PR]

 気象情報会社「ウェザーニューズ」は、ゲリラ豪雨などの急な大雨について、従来の16倍の解像度で予測する新技術を開発した。250メートル四方の降水分布を、3時間後まで把握できる。同社のスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通じてサービスを提供している。

 ゲリラ豪雨は、猛烈な雨が短時間で、局地的に降る現象。大気の状態が不安定になり、突発的に発生した積乱雲が引き起こす。

 同社は、2008年の都賀川(神戸市)での増水・死亡事故を契機とし、事前予測・事故防止のためにゲリラ豪雨の観測を開始。気象庁のアメダス(全国約1300カ所)に加え、独自に設置した観測機(約1万3000カ所)のデータを活用している。

 これまでは、1キロ四方の降水分布を30分後までしか予測できなかったが、今年2月に人工知能(AI)技術を活用した新手法を開発。3時間後でも250メートル四方の降水分布を表示できるようになった。1時間後までは5分間隔、2~3時間後までは10分間隔で急な雨雲発生を捉えられる。

 精度を高めるために、同社のアプリユーザーの有志でつくる「ゲリラ雷雨防衛隊」(全国約10万人)による「雨雲報告」も参考にしている。担当者は「突発的な雨や激しい雷雨の被害を少しでも抑えたい」と話している。【最上和喜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです