連載

くらしナビ・気象・防災

気象にまつわるさまざまなジャンルをニュース的な視点で発信、「気象ジャーナリズム」の新境地を目指します。

連載一覧

くらしナビ・気象・防災

ゲリラ豪雨予測 よりきめ細かく ウェザーニューズが新アプリ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
雨雲予測の解像度が高まったアプリの画面=ウェザーニューズ提供 拡大
雨雲予測の解像度が高まったアプリの画面=ウェザーニューズ提供

 気象情報会社「ウェザーニューズ」は、ゲリラ豪雨などの急な大雨について、従来の16倍の解像度で予測する新技術を開発した。250メートル四方の降水分布を、3時間後まで把握できる。同社のスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通じてサービスを提供している。

 ゲリラ豪雨は、猛烈な雨が短時間で、局地的に降る現象。大気の状態が不安定になり、突発的に発生した積乱雲が引き起こす。

 同社は、2008年の都賀川(神戸市)での増水・死亡事故を契機とし、事前予測・事故防止のためにゲリラ豪雨の観測を開始。気象庁のアメダス(全国約1300カ所)に加え、独自に設置した観測機(約1万3000カ所)のデータを活用している。

 これまでは、1キロ四方の降水分布を30分後までしか予測できなかったが、今年2月に人工知能(AI)技術を活用した新手法を開発。3時間後でも250メートル四方の降水分布を表示できるようになった。1時間後までは5分間隔、2~3時間後までは10分間隔で急な雨雲発生を捉えられる。

 精度を高めるために、同社のアプリユーザーの有志でつくる「ゲリラ雷雨防衛隊」(全国約10万人)による「雨雲報告」も参考にしている。担当者は「突発的な雨や激しい雷雨の被害を少しでも抑えたい」と話している。【最上和喜】

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集