特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

全日本クラブ野球選手権

最終日 大和高田クV 7年ぶり4回目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大和高田クラブ-和歌山箕島球友会】優勝し胴上げされる大和高田クラブの佐々木恭介監督(中央)=メットライフドームで2018年9月13日、玉城達郎撮影
【大和高田クラブ-和歌山箕島球友会】優勝し胴上げされる大和高田クラブの佐々木恭介監督(中央)=メットライフドームで2018年9月13日、玉城達郎撮影

 社会人野球の第43回全日本クラブ選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は最終日の13日、埼玉・メットライフドームで準決勝と決勝を行った。決勝は、大和高田ク(奈良)が延長十回タイブレークの末に和歌山箕島球友会を降し、7年ぶり4回目の優勝。11月に京セラドーム大阪で行われる日本選手権の出場権を獲得した。

 表彰選手は次の通り。最高殊勲選手賞=竹島貫太内野手(大和高田ク)▽敢闘賞=和田拓也投手(和歌山箕島球友会)▽首位打者賞=岩永幸大外野手(大和高田ク、15打数7安打、打率4割6分7厘)

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文982文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る