メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 「女性差別」問題 審判団は不満 擁護少なく

 テニスの全米オープン女子シングルス決勝で大坂に敗れた元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が主審の判定を「女性差別」と批判した問題で、擁護の声が少ないことに審判団が不満を持っていると12日までに複数の海外メディアが伝えた。

 英紙ガーディアンは審判団が組合設立も視野に入れているとした上で、ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)が9日にS・ウィリアムズ擁護の声明を出し、国際テニス連盟(ITF)が主審を支持した声明発表は10日と遅れたことが不満と…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです