メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018沖縄知事選

告示 基地の島、未来は 辺野古移設、争点6回目 揺れる名護で舌戦

 沖縄県知事選が13日告示された。日米両政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還合意から22年。安倍政権は、移設先の名護市辺野古の海に埋め立て用の土砂を投入する直前まで工事を進めたが、県民の反発は根強く、知事選で移設問題が争点になるのは6回目だ。事実上の一騎打ちとみられる2人の候補は早速名護市に入り、対照的な演説を展開。基地問題に苦しみ続ける県民が訴えに耳を傾けた。【比嘉洋、佐野格】

 安倍政権が全面支援する前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)は大票田の那覇市の選挙事務所…

この記事は有料記事です。

残り1675文字(全文1923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです