メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取

鳥獣被害が3割減 ドングリ豊作 ジビエ利用も増

イノシシをオリで捕獲する猟師=鳥取市鹿野町の山中で、鳥取県鳥獣対策センター提供

 鳥取県は2017年度の野生鳥獣による農作物被害が前年度比3割減の約6332万円だったと発表した。餌となる山のドングリが豊作で、イノシシや熊による人里での稲や果実への被害が少なかったことが要因だと分析している。

 県鳥獣対策センターによると、イノシシが約5102万円(前年度比26%減)で被害額の大半を占め、鹿約302万円(同27%増)▽カラス約172万円(同34%減)▽熊約125万円(同82%減)▽ヌートリア約67万円(同45%減…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  3. 香川ゲーム条例 違憲訴訟を起こす高校生を突き動かした思いとは

  4. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

  5. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸水を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです