メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取

鳥獣被害が3割減 ドングリ豊作 ジビエ利用も増

イノシシをオリで捕獲する猟師=鳥取市鹿野町の山中で、鳥取県鳥獣対策センター提供

 鳥取県は2017年度の野生鳥獣による農作物被害が前年度比3割減の約6332万円だったと発表した。餌となる山のドングリが豊作で、イノシシや熊による人里での稲や果実への被害が少なかったことが要因だと分析している。

 県鳥獣対策センターによると、イノシシが約5102万円(前年度比26%減)で被害額の大半を占め、鹿約302万円(同27%増)▽カラス約172万円(同34%減)▽熊約125万円(同82%減)▽ヌートリア約67万円(同45%減…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  4. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです