メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松

12歳の防災士誕生 母親と挑戦 共に認定

防災士試験の合格通知を手にする久本康太さん(左)と母美保さん=高松市で2018年4月19日、岩崎邦宏撮影

 災害時にリーダーとして活躍する「防災士」に、高松市立川添小学校6年の久本康太さん(12)が香川県内最年少で認定された。母美保さん(44)とともに勉強し、親子で資格を取った。2人は「災害が起きても冷静に行動し、他の人を誘導できるようにしたい」と話している。【岩崎邦宏】

 防災士は、NPO法人「日本防災士機構」(東京都)が認定し、2003年にスタートした制度。機構が認める研修機関で講義を受けて試験に合格し、消防署などで救急救命講習を修了する必要がある。災害時には現場で救助や避難誘導に当たり、普段は啓発活動に取り組む。8月末現在、県内には2178…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです