メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察庁

夏の山岳遭難700件超 過去最多、暑さ影響か

 警察庁は13日、今年7~8月の山岳遭難の発生件数が前年同期を110件上回る721件に上り、統計のある1968年以降で最多だったと発表した。死者・行方不明者は3人増の71人だった。警察庁は、今夏の記録的な暑さが登山者らの体調に影響した可能性もあるとみている。

 遭難した793人について目的別で見ると、登山が610人、観光が65人など。

 態様別では「道迷い」が179人(前年同期比10人減)、「転倒」が169人(1人増)と大きな変動がな…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです