メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

「いいフライト…」メインターミナルに明るさと活気

多くの旅行客で混み合う第1ターミナル国際線出発ロビー=関西国際空港で2018年9月14日午前8時58分、小出洋平撮影

第1ターミナルの南側部分が再開

 西日本の空の玄関口、関西国際空港のメインターミナルにおよそ10日ぶりに明るさと活気が戻った。先に稼働していた第2ターミナルに続き、日本航空や全日空など大半の航空会社が利用する第1ターミナルの南側部分が14日に再開され、朝からスーツケースを抱えた利用客が行き交った。

 国際線で最初の到着便となった独ルフトハンザ航空の便で関空に降り立ったミヒャエル・グルノーさん(42)は、「機内は半分ほど空席だったけれど、いいフライトだった」。台風の影響で予約していたフランクフルト発の便の関空への運航が危ぶまれていたが、出発前日になって予定通り飛ぶことが分かっ…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです