メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜

野生イノシシから「豚コレラ」陽性反応 精密検査へ

 岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりとなる豚(とん)コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は14日、岐阜市内で野生イノシシの死骸が見つかり、簡易検査で豚コレラウイルスの陽性反応が出たと発表した。県は農林水産省に遺伝子解析による精密検査を依頼した。

 県によると13日、養豚場から7~8キロ離れた道路脇水路で、住民から「イノシシが1頭死んでいる」と市に通報があった。体長約1メートルの雌で、死期は不明。市から連絡を受けた県は、県中央家畜保健衛生所で簡易検査を実施し、14日早朝に陽性反応が出た。

 県は現場周辺の消毒を終え、死骸を14日中に焼却する。死骸の発見場所から半径10キロ圏内を調査対象区域に追加し、県内全42市町村や猟友会に対し、死んだり、捕獲したりした野生イノシシについての情報提供を依頼した。古田肇知事はこの日午前に開いた対策会議で、「新たな展開になった。さらに緊張感を持って対応してほしい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  2. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  5. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです