メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

節電目標、1割に引き下げ 最終調整

世耕弘成経済産業相=川田雅浩撮影
苫東厚真発電所=2013年6月、北海道厚真町で本社機「希望」から梅田麻衣子撮影

 世耕弘成経済産業相は14日の閣議後の記者会見で、北海道地震後に北海道電力管内の家庭や企業に要請している「平常時の2割」の節電目標の今後の在り方について「経済や生活、健康への影響に配慮し、本日夕方に示したい」と述べた。関係者によると、京極水力発電所(北海道京極町)の稼働などを踏まえ、連休明けの18日から目標を1割に引き下げるよう最終調整している。

 北電は13日、京極水力発電所1号機を稼働させた。14日午後には同2号機も稼働させる予定だ。政府と北電は、これらの正常稼働を確認した上で、節電目標を見直す。世耕氏は、目標を引き下げるかどうかについては、「現時点で白紙」と述べるにとどめた。

 政府と北電は、6日の地震発生後に全3基が停止した苫東厚真火力発電所(北海道厚真町)の1号機が復旧する9月末以降の節電目標についても、同時に示す考えだ。【和田憲二】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです