沖縄知事選

佐喜真氏vs玉城氏 事実上の一騎打ち

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選が13日告示され、立候補を届け出た4人による選挙戦がスタートした。いずれも無所属新人で、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、元衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)の事実上の一騎打ちの構図で争われる。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が佐喜真氏を推し、翁長氏の後継として移設反対を訴える勢力が玉城氏を支援する。投開票は30日で、結果は辺野古移設の行方に大きな影響を与える。

 那覇市での出陣式で、佐喜真氏は「対立や分断の4年間を繰り返すのか。和をもって沖縄を前に進めていくのか」と政府と協調しての経済振興策などをアピール。辺野古移設の賛否は明言せず、「宜野湾市長として基地問題では政府と闘ってきた。普天間飛行場の返還を実現できるのは私しかいない」と強調した。移設先の名護市でも街頭に立ったが、移設問題には一切触れなかった。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文1044文字)

あわせて読みたい