岩田屋三越

岩田屋久留米店の規模縮小へ 新館売り場撤退

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
撤退することになった岩田屋久留米店新館(右)。左のビルは本館=福岡県久留米市天神町で2018年9月13日午後5時5分、上田泰嗣撮影
撤退することになった岩田屋久留米店新館(右)。左のビルは本館=福岡県久留米市天神町で2018年9月13日午後5時5分、上田泰嗣撮影

 岩田屋三越(福岡市)が、福岡県久留米市の岩田屋久留米店の規模を縮小する方針を固めたことが13日、関係者への取材で分かった。同店は現在、西鉄久留米駅前にある本館と新館で売り場を展開しているが、今後は新館の売り場を撤退し、本館に集約する。

 同店は1972年に久留米岩田屋として開業。地上10階建ての本館に加え、83年には隣接する新館でも売り場を展開してきた。ただ、近年は来店客数の減少などで売り場面積が過大な状況となっ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

ニュース特集