メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

台湾断交に対抗 3カ国大使召還、中国の影響警戒

 【台北・福岡静哉、北京・河津啓介】中国の圧力によって台湾が相次いで外交関係がある国との断交に追い込まれたことを受け、米国が対抗措置を打ち出している。7日には、台湾と断交して中国と国交を結んだ中南米3カ国駐在の米大使らを召還したと発表。また共和、民主両党の上院議員4氏は、台湾と各国との断交を食い止めることを目的とする法案を提出した。

 米大使を召還したのはドミニカ共和国、エルサルバドル、パナマの3カ国。米国務省のナウアート報道官は1…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文528文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです