メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露大統領発言

領土、経済で揺さぶりか 平和条約締結提案

ロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相(右)=AP

 ロシアのプーチン大統領が12日、安倍晋三首相に対し「あらゆる前提条件を抜きにして、年末までに平和条約を結べないか」と投げかけた。北方領土の帰属を確認してから平和条約を締結することで従来日露両国は原則合意しており、発言に先立つ日露首脳会談でもプーチン氏はこの種の発言をしていない。突然の「提案」にプーチン氏はどんな意図を込めたのか。さまざまな臆測を呼んでいる。一方、日本政府は発言を冷静に受けとめる姿勢を見せてはいるものの、「領土問題棚上げ」の流れを押し返す決定打はなく、追い込まれている。

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2233文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです