メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

タトゥーはなぜタブー視されるのか

入れ墨を入れた主人公が大きく描かれた任侠映画の大看板=1971年(昭和46年)12月、真島誠一撮影。毎日グラフ1972年(昭和47年)1月2日号より

 タレントのりゅうちぇるさんが両肩にタトゥーを入れたことを自身のインスタグラムで公表したところ、批判が相次いだ。タトゥー(入れ墨)は世界各地で古くから行われてきた身体装飾の一つで、最近でも腕にタトゥーを入れた海外のスポーツ選手などを目にする機会は多い。現代の日本でこれほどタブー視されるのはなぜなのか。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3266文字(全文3436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです