連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

タトゥーはなぜタブー視されるのか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
入れ墨を入れた主人公が大きく描かれた任侠映画の大看板=1971年(昭和46年)12月、真島誠一撮影。毎日グラフ1972年(昭和47年)1月2日号より
入れ墨を入れた主人公が大きく描かれた任侠映画の大看板=1971年(昭和46年)12月、真島誠一撮影。毎日グラフ1972年(昭和47年)1月2日号より

 タレントのりゅうちぇるさんが両肩にタトゥーを入れたことを自身のインスタグラムで公表したところ、批判が相次いだ。タトゥー(入れ墨)は世界各地で古くから行われてきた身体装飾の一つで、最近でも腕にタトゥーを入れた海外のスポーツ選手などを目にする機会は多い。現代の日本でこれほどタブー視されるのはなぜなのか。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3266文字(全文3436文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集