メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

タトゥーはなぜタブー視されるのか

入れ墨を入れた主人公が大きく描かれた任侠映画の大看板=1971年(昭和46年)12月、真島誠一撮影。毎日グラフ1972年(昭和47年)1月2日号より

 タレントのりゅうちぇるさんが両肩にタトゥーを入れたことを自身のインスタグラムで公表したところ、批判が相次いだ。タトゥー(入れ墨)は世界各地で古くから行われてきた身体装飾の一つで、最近でも腕にタトゥーを入れた海外のスポーツ選手などを目にする機会は多い。現代の日本でこれほどタブー視されるのはなぜなのか。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3266文字(全文3436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです