メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慶大

慶応医学賞に筑波大・柳沢教授ら 眠り制御物質発見

 慶応大は13日、医学や生命科学の優れた研究者を表彰する今年の慶応医学賞に、眠りをコントロールする脳内物質「オレキシン」を発見した筑波大の柳沢正史教授(58)と、遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術をヒトの細胞に応用した米ブロード研究所のフェン・チャン博士(36)を選んだと発表した。

 柳沢教授は、オレキシンの欠乏が睡眠障害…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文327文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです