メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慶大

慶応医学賞に筑波大・柳沢教授ら 眠り制御物質発見

 慶応大は13日、医学や生命科学の優れた研究者を表彰する今年の慶応医学賞に、眠りをコントロールする脳内物質「オレキシン」を発見した筑波大の柳沢正史教授(58)と、遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術をヒトの細胞に応用した米ブロード研究所のフェン・チャン博士(36)を選んだと発表した。

 柳沢教授は、オレキシンの欠乏が睡眠障害…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです