食中毒

キノコ食べ75歳男性が意識不明 自分で採取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男性が食べ残したニセクロハツとみられるキノコ=三重県提供
男性が食べ残したニセクロハツとみられるキノコ=三重県提供

 三重県は13日、自分で採ったキノコを食べた同県桑名市の男性(75)が食中毒を発症したと発表した。男性は意識不明の重体。県は症状や食べ残したキノコの形などから、毒キノコ「ニセクロハツ」の可能性が高いとみて調べている。

 県食品安全課によると、男性は10日にキノコを採取し、夕食に1人で煮て食べた。11日朝…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

あわせて読みたい

注目の特集