特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災7年半

全頭処分の酪農家やっと再開 8頭と

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発事故で休業していた酪農業を7年半ぶりに再開し、搬入された牛をトラックから降ろす佐久間哲次さん(手前)=福島県葛尾村で2018年9月13日午後2時19分、喜屋武真之介撮影
東京電力福島第1原発事故で休業していた酪農業を7年半ぶりに再開し、搬入された牛をトラックから降ろす佐久間哲次さん(手前)=福島県葛尾村で2018年9月13日午後2時19分、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が大部分で解除された福島県葛尾村で、酪農家の佐久間哲次さん(42)の牛舎に13日、乳牛8頭が到着した。原発事故以来7年半ぶりに酪農を再開し、年明けの原乳出荷を目指す。牛を失い、避難を強いられながらも再開を諦めなかった。「経営を固めて、地域を引っ張っていければ」。古里再生に向け一歩を踏み出した。

 興奮して暴れる牛を、父信次さん(68)らとトラックから牛舎へ運ぶ。「7年半ぶりで力も落ちた。浦島太郎みたいだ」と苦笑いし、干し草をはむ牛の様子に目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1098文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集