医療的ケア児

「付き添い要求は差別」 保護者が提訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 たんの吸引を必要とする男子小学生とその両親が、吸引器具の購入や登下校時の付き添いなどを通学の条件とするのは障害者差別解消法に反するとして、地元自治体を相手に、慰謝料など計330万円の支払いと吸引器具の購入義務づけを求めて提訴し、13日に名古屋地裁(角谷昌毅裁判長)で第1回口頭弁論が開かれた。

 原告側弁護士によると、医療的ケアが必要な児童への学校の対応を巡る訴訟は珍しい。

 男児は愛知県内の公立小学校に通う。訴状によると、男児は生後間もなく、気管が狭まる「声門下狭さく症」の診断を受け、気管を切開した。気道を確保するチューブを挿入していて、学校にいる間に1回程度たんを吸引する必要がある。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文628文字)

あわせて読みたい

注目の特集