柏市教委

転落生徒にいじめ「学校に責任」報告書公表せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 千葉県柏市の市立中学校で2015年3月、校舎から転落し意識不明の重体となった当時2年生の女子生徒について、市教委がいじめを受けていたとする報告書を作成していたことが毎日新聞の情報公開請求で判明した。報告書は「組織的対応をしなかったため、転落を未然に防ぐことができなかった」と学校の責任に触れていたが、市教委は内容を明らかにしてこなかった。

 県警によると、生徒は校舎4階の教室で所属する部活動の部員数人と話をしていた途中で教室を出た後、駐車場に倒れているのが発見された。4階から飛び降りるのを目撃した生徒もいた。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文748文字)

あわせて読みたい

注目の特集