メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

「男でも女でもなく、私は私としてだけ存在している」 ディビーナ・バレリアさん

ディビーナ・バレリアさん=西田佐保子撮影

 1960年代、ブラジル・リオデジャネイロの劇場で歌や踊りなどのパフォーマンスを披露し、人々を魅了したトランスベスタイト(クロスドレッサー)やドラッグクイーンらの異性装者が、デビュー50周年に再結集してステージに立つまでの姿を追ったドキュメンタリー映画「ディヴァイン・ディーバ」(2016年)が現在、ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区)なでど公開されている。「悔いることは何もないし、やりたいことはすべてやり遂げた」。軍事独裁政権下、女装したことを理由に投獄された過去を持つ、同映画に出演するディビーナ・バレリアさん(74)は苦労や困難は一切口にせず、笑顔でこれまでの人生について語った。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. AV問題 男優が毎月お茶会で語る「業界のありのまま」
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです