メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

浪曲「異種格闘」をパワーに 「奈々福なないろ」等身大人形とコラボ

「奈々福なないろ」公演のポスター

 文化庁の文化交流使として、ヨーロッパと中央アジアで浪曲を披露し、現地の文化を吸収してきた浪曲師の玉川奈々福さんが、他ジャンルのゲストを迎えての、新しいコラボの会「奈々福なないろ」を立ち上げた。15日午後、東京・亀戸で初回公演がある。

 5月から約1カ月半、7カ国(イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタン)を若手曲師の沢村美舟と訪れた。「ホールの声の響き方がまるで違う。ここでどうやったらいいのか。その場に体が合わせて動いていく。浪曲の知識がまったくない人に伝える面白さも感じたし、体力、腕力で伝えるアジアの語り芸にとても興味を持った。だみ声、倍音、ドレミにない音が入ってくる。短かったけれど、自分が今やっている浪曲を考える、体力が付いた旅でした」

 これまでも浪曲の可能性を信じてさまざまな企画、コラボレーションを進めてきた。

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです