メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はや2くん質問箱

重力の小さいリュウグウに接地するための工夫は?

[PR]

 Q 小惑星リュウグウの重力はとても小さいと思います。ですから、はやぶさが接地しても、反動で浮き上がり、離れてしまい、地表面にとどまるのは難しいように思いますが、どのような工夫をして、着地できるようにしているのでしょうか?(アライグマ・40歳)

 

 A はやぶさ2はリュウグウの表面物質を採取するときにリュウグウに着陸しますが、着陸している時間はほんの数秒です。はやぶさ2はゆっくりとリュウグウ表面に降りていき、表面に(表面物質を採取する筒状の装置の)サンプラーホーンの先端が触れたときに、ホーンの内部で弾丸を打ち出して小惑星表面を砕きます。砕かれた破片がサンプラーホーンの中で上昇し、サンプルを格納するケースに入ることになります。

 弾丸を撃ち出してサンプルを取るための時間は数秒で、その後、はやぶさ2はすぐに上昇します。つまり、リュウグウ表面にはとどまらないことになります。


 探査機「はやぶさ2」の旅や機体のこと、小惑星リュウグウの素顔、太陽系探査のこれからなど、なんでもQ&Aを紹介します。「!」や「?」がいっぱい見つかるはずです。このコーナーは、日本惑星協会の「『はやぶさ2』どんなことでも質問 ” 箱 ”」から許可を得て転載しています。質問がある場合は、同協会のウェブサイトから投稿してください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  5. 東京・足立区、4日で生活保護打ち切り 「連絡取れず」支援団体は批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです