メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

メキシコの大量遺体発見、失踪者家族が遺品捜しに安置所へ

 9月11日、メキシコのベラクルス州で150体以上の遺体を埋葬した秘密の墓地が見つかった問題で、以前に子どもや兄弟が失踪した家族らが、失踪者の特定につながる遺品を探して遺体安置所に集まっている(2018年 ロイター/Yahir Ceballos)

[PR]

 [ハラパ(メキシコ) 11日 ロイター] - メキシコのベラクルス州で150体以上の遺体を埋葬した秘密の墓地が見つかった問題で、以前に子どもや兄弟が失踪した家族らが、失踪者の特定につながる遺品を探して遺体安置所に集まっている。司法当局は7日、失踪者の家族向けに墓から発見した物品の写真を公開した。

 ベラクルス州の司法長官は、捜査当局が先週、匿名の通報に基づき32の墓から166個の頭蓋骨を発見したと発表し、遺体は過去2年以内に埋められた公算が大きいと付け加えた。さらに捜査の結果、これらの遺体の一部は174人分のものだったことも示唆されている。

 ベラクルス州は米国への主要な麻薬密輸ルートで、長年暴力犯罪に悩まされている。昨年は、墓標のない墓地から250個以上の頭蓋骨が発見されている。

 失踪した子どもの親を支援する団体の代表は、先週捜索された墓地に関しては、失踪者の痕跡は見つかっていないと述べた。  

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 国会を飛び回る200人の「トンビ」 過酷な情報収集業務に走る官僚の「生態」

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです