メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

イグ・ノーベル賞、自らに大腸内視鏡検査試した日本人医師ら受賞

 9月13日、ユーモアがあり、かつ意義深い科学的研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が行われ、座った姿勢で自身に大腸内視鏡検査を行った医師の堀内朗氏(右)が「医学教育賞」を受賞した(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[PR]

 [ケンブリッジ(米マサチューセッツ州) 13日 ロイター] - ユーモアがあり、かつ意義深い科学的研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が13日、米ハーバード大学で行われ、座った姿勢で自身に大腸内視鏡検査を行った医師の堀内朗氏が「医学教育賞」を受賞した。

 堀内氏は長野県の昭和伊南総合病院で内科診療部長兼消化器病センター長を務めている。

 また、ジェットコースターに乗ることで腎臓結石の排出が早まるかどうかを調べた米ミシガン州立大学の研究者2人が「医学賞」を受賞したほか、呪術に使うブードゥー人形が虐待的な上司への報復に効果があるかどうかを調べた国際研究チームに「経済学賞」が贈られた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 「どうか静かに見守って頂けますと幸いです」 志村けんさん新型コロナ感染 発表文全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです