メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

微小プラ、水道水汚染 米英など13カ国 米大学調査、日本は対象外

 世界13カ国の水道水のほか欧米やアジア産の食塩、米国産のビールに、地球規模の汚染が問題になっている微小な「マイクロプラスチック」が広く含まれていることを、米ミネソタ大などの研究グループが突き止めた。水道水の検出率は81%と高く、ほとんどは繊維状で繊維製品由来とみられる。日本の水道水は調査していない。マイクロプラスチックが人間の健康に与える影響は分かっていないが、研究グループは「日常生活で避けられない水道水の汚染が世界に広がっていることは大きな懸念材料だ」と警告している。

 米国や英国、キューバ、インドなど14カ国で集めた水道水159サンプルを分析し、うち128サンプルか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです