メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関空、飲食店大わらわ 急な復旧、再開できぬ店も 第1ターミナル

再開しにぎわうレストランフロア。一方でシャッターを閉めたままの飲食店もある=大阪府の関西国際空港で2018年9月15日午前、蒲原明佳撮影

 台風21号の被害を受けた関西国際空港の第1ターミナル(T1)南側エリアは再開から一夜明けた3連休初日の15日も、旅行者らでにぎわった。ただ、飲食店が並ぶ商業エリアではシャッターが閉まったままの店も目立つ。空港を運営する関西エアポートから店舗への再開連絡が直前で準備が間に合わない店も。急ピッチで進む復旧に戸惑う声もある。【山崎征克、加藤佑輔、蒲原明佳】

 「再開はうれしいが連絡が急すぎる」。15日朝、2階の一角にある飲食店は11日ぶりに営業を再開させた…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1001文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです