メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

種子生産条例案 種子法廃止「逆手」に 種もみ県、躍進へ /富山

 全国一の種もみ出荷を誇る県は、品質の確保や生産量を高めるための拠点施設の設置を目指す、全国初の取り組みを盛り込んだ、県主要農作物種子生産条例案を9月県議会に提出している。田んぼや種もみ検査をはじめ、県のお墨付きとなる審査証明書発行など、4月に廃止された種子法に定められていた県の役割を引き続き行うことも明記した。来年1月施行を目指す。

 富山の種もみは42都府県で流通。今年の県外向けの生産出荷予定量は2074トンで全国の63%を占める…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」
  3. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです