メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

売木村

一般会計、赤字に 事業債の起債ミス 17年度 /長野

 売木村が進めるグラウンド整備事業で事業債の発行(起債)を期限内にしなかったため、2017年度村一般会計の収支が約6700万円の実質赤字になったことが14日、明らかになった。不足分は財政調整基金で補う方針で、清水秀樹村長と伊東勝副村長は10月から6カ月間、10%の減給とする意向だという。

 村は陸上競技選手らの合宿誘致などで村の活性化を図ろうと進めている「走る村プロジェクト」の一環で、村内に建設中のグラウンドを17年度…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです