公募硬筆競書展

入賞者決まる 名古屋であすから展示 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 硬筆書写の普及と振興を目的とした名古屋ペンクラブ(川口雄峰代表=毎日書道展審査会員)主催の「第32回公募硬筆競書展」(毎日新聞社後援)の入賞者が決まった。全国から1305点の応募があり、入賞作品は16、17両日、名古屋市熱田区神宮3の市教育センターで展示される。

 県内の上位入賞者は次の皆さん。(敬称略、数字は学年)

 <一般の部>大賞=高橋裕三子(半田市)▽準大賞=田仲美結(犬山市)▽毎日新聞社賞=坂本麻梨奈(名古屋市守山区)▽審査員特別賞=村田香華(同市中区)宮本真理子(同市熱田区)石田彰子(常滑市)▽名古屋ペンクラブ賞=仲彩華(名古屋市守山区)小川静加(犬山市)▽システムデザイン賞=原川登茂子(名古屋市瑞穂区)

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1301文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集