メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

陸軍大正飛行場(八尾市) 「防空」担った未完の軍都 /大阪

陸軍大正飛行場は戦後、米軍に接収されたが、1954年に返還され、現在の八尾空港(約70ヘクタール)に=大阪府八尾市で2016年3月、本社ヘリから川平愛撮影

 第二次世界大戦では、航空機が兵力の主流となった。「防空」が叫ばれ、1941(昭和16)年、太平洋戦争開戦を前に完成したのが「陸軍大正飛行場」(八尾市)だった。郷土史を研究する「河内の戦争遺跡を語る会」代表で、「日常の中の戦争遺跡」の著者、大西進さん(77)=八尾市=に聞いた。

 陸軍は38年開校の「阪神飛行学校」(「大正飛行場」に39年、改称)を40年に接収。周辺の土地を強制的に買収して軍用飛行場にした。同年の府の記録などによると、用地費などの建設計画予算は計750万円。府が150万円、大阪市が70万円を支出し、民間の寄付で430万円をまかない、陸軍は100万円を負担した。民間が軍に献納した形だ。後に工事費187万円が追加計上された。

 飛行場は近畿を中心に中国・四国から中部地方までの防空を担った。広さ約287ヘクタール、主滑走路の延…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです