メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR福知山線脱線

慰霊施設完成 現場破壊 心、前向けた 遺族、思いさまざま /兵庫

JR福知山線脱線事故現場に完成した「祈りの杜」=兵庫県尼崎市で、本社ヘリから望月亮一撮影

 JR福知山線脱線事故の現場(尼崎市)に慰霊施設が完成し、14日、遺族らに公開された。名称は「祈りの杜(もり)」。21日からは一般公開される。遺族らは「多くの人に見学してもらい、悲惨な事故を繰り返さないように覚えておいてほしい」と話している。【生野由佳、高尾具成】

 JR西日本によると、この日は遺族49人、負傷者15人が訪れた。

 長女の中村道子さん(当時40歳)を亡くし、事故現場の「全部保存」を訴えていた藤崎光子さん(78)=大阪市城東区=は「加害者による現場破壊は許されない」と記したプラカードを手に「とても残念。事故の悲惨さを隠したいというJR西の気持ちが表れている」と語った。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

  5. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです