メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道の駅

「飛鳥」プレオープン 観光、宿泊案内施設も一新 明日香 /奈良

プレオープンした「飛鳥びとの館」の内部=奈良県明日香村で、藤原弘撮影

 明日香村が近鉄飛鳥駅前で整備している道の駅「飛鳥」が14日、プレオープンし、観光案内や物産販売をする中核施設「飛鳥びとの館」がリニューアル営業を始めた。18日に正式にオープンする。

 飛鳥びとの館は鉄骨平屋建て約170平方メートルで、村が内装を改修した。飛鳥観光協会の事務所が入り、カウンターでは常駐スタッフが宿泊やイベント情報の案内などに当たる。

 床面と壁の一部には奈良文化財研究所が橿原市から明日香村などにかけて撮影した航空写真があしらわれ、周…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです