メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇、皇后両陛下13年ぶり来県 西日本豪雨被災地訪問し激励 /岡山

西日本豪雨の被災地を訪問するため、真備総合公園に到着された天皇、皇后両陛下=岡山県倉敷市で(代表撮影)

 「励ましていただき、ありがたかった」--。14日にあった天皇、皇后両陛下による西日本豪雨被災地のお見舞い訪問。声を掛けられた被災者は、復興への思いを新たにしていた。両陛下が県内を訪れるのは2005年のおかやま国体以来、13年ぶり。

 この日、羽田空港から特別機で岡山空港に降り立った両陛下は、甚大な浸水被害があった倉敷市真備町地区にヘリコプターで入られた。決壊した小田川堤防を視察後、真備総合公園の体育館で真備町地区の被災者らと懇談された。

 自宅2階まで浸水した主婦の加藤良子(よしこ)さん(60)は、皇后陛下から「怖かったでしょう」といた…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです