自民党総裁選

討論会 安倍氏「任期内に緩和出口」 石破氏「所得3~5割増を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選の候補者討論会で石破茂元幹事長(右)の発言に反論する安倍晋三首相=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年9月14日午前11時54分、梅村直承撮影
自民党総裁選の候補者討論会で石破茂元幹事長(右)の発言に反論する安倍晋三首相=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年9月14日午前11時54分、梅村直承撮影

 自民党総裁選に立候補している安倍晋三首相(63)は14日、東京・内幸町で開かれた日本記者クラブ主催の討論会で、経済政策「アベノミクス」の大規模金融緩和について出口戦略を「任期のうちにやりとげたい」と述べ、3年間で道筋をつける考えを示した。石破茂元幹事長(61)は「東京や大企業の成長の果実が地方や中小企業に波及するという考え方はとらない」と首相の手法を改めて批判した。

 首相はアベノミクスによって経済指標が改善し、「まっとうな経済をつくることができた」と強調。出口戦略に関し「緩和策をずっとやっていいとは思っていない」と述べ、具体的判断は黒田東彦日銀総裁に委ねた。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

注目の特集