メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

討論会 安倍氏「任期内に緩和出口」 石破氏「所得3~5割増を」

自民党総裁選の候補者討論会で石破茂元幹事長(右)の発言に反論する安倍晋三首相=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年9月14日午前11時54分、梅村直承撮影

 自民党総裁選に立候補している安倍晋三首相(63)は14日、東京・内幸町で開かれた日本記者クラブ主催の討論会で、経済政策「アベノミクス」の大規模金融緩和について出口戦略を「任期のうちにやりとげたい」と述べ、3年間で道筋をつける考えを示した。石破茂元幹事長(61)は「東京や大企業の成長の果実が地方や中小企業に波及するという考え方はとらない」と首相の手法を改めて批判した。

 首相はアベノミクスによって経済指標が改善し、「まっとうな経済をつくることができた」と強調。出口戦略…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです