メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
北海道地震

宿泊客50万人解約 影響額100億円 旅館協会推計

[PR]

 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震で、道内の観光業への影響が広がっている。日本旅館協会北海道支部連合会の浜野浩二会長は、宿泊客のキャンセルは少なくとも50万人に上り、影響額は100億円に達するとの見通しを示した。

 道内のホテルや旅館で作る同連合会に加盟する約200施設と、北海道ホテル旅館生活衛生同業組合に加盟する約800施設を対象にした調査から推計したという。しかし推計には、都市部の大型ホテルや大手チェーンのビジネスホテルなど、2団体に非加盟の施設分は含まれていない。地震の影響は、さらに拡大するとみられる。

 道によると道内を訪れた昨年度の観光客は5610万人で、うち外国人観光客は279万人。浜野会長は「観光振興が実り、外国人観光客500万人を狙えたが、潮目を変えてしまいかねない。秋はかき入れ時。安全を発信していきたい」と述べた。日本旅行札幌支店によると、海外旅行客を対象にした9月の北海道旅行商品の3割強がキャンセルとなる見込み。広報担当者は「震源地周辺だけでなく、道全体でキャンセルが出ている」と話した。【山下智恵】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです