メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

民泊うまくいってる? 手続き煩雑で伸び悩み 廃業も=回答・ガン・クリスティーナ

 なるほドリ 一般住宅の空き部屋などを宿泊場所として貸す「民泊(みんぱく)」を定めた住宅宿泊事業法(じゅうたくしゅくはくじぎょうほう)(民泊新法)が6月15日に施行されて3カ月だね。どう変わったの?

 記者 新法で定められたルールに従って、各都道府県などの担当窓口に届け出た事業者の営業が始まりました。しかし、手続きには多数の書類を用意する必要があったり、近隣(きんりん)住民への説明会を各自治体が条例で求めたりするなど手間がかかり、8月31日時点で、全国の届け出件数は8272件にとどまりました。これは5月末に民泊仲介サイト世界最大手の米エアビーアンドビー(Airbnb)で…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです