メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

新視点・分析による実証主義=保阪正康

「市場」が求める自省史観

 過日、ある書店で鴻上尚史さんと対談を行った。鴻上さんの「不死身の特攻兵」がよく売れているのと、私の「昭和の怪物 七つの謎」も少々売れる範囲に入っているというので、なぜだろうとの分析を試みたのである。答えは簡単に出ることではないが、私なりに多々思うことはあった。

 初めに結論を書くことになるが、昭和史の「市場」は一巡したとの実感である。私への読者からの手紙や感想を寄せてくる人はこれまでと異なり、私のこれまでの書にふれたことのない読者が案外目立つ。それも若い世代だ。鴻上さんとの対談のあと、ある高校生が控室に来て、「読んでほしい」と冊子を手渡された。中学3年の時の卒業論文だというのだ。中高一貫教育の私立では、卒業論文というらしい。私の書も参考にしていると話していたが、特攻作戦を中学生の目で見ての分析だった。レベルの高さに驚いた。単純な批判や肯定ではなく、このような作戦を選んだ軍事指導のシステムにメスを入れていた。

 私があえて「市場」が一巡したというのは、戦後70年という時間の長さの中で、昭和史の概論、通史、史実…

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文2126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです