メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

就活と授業のどちらを選ぶ=論説委員・野沢和弘

 授業中、携帯を耳に当てて立ち上がり教室を出ていく学生がいた。第1志望の会社から合格したとの電話だった。授業の終わりごろ教室に駆け込む学生もいる。面接試験を終えて走ってきたという。

 いずれも私自身が教壇で体験した。有名大学の真面目で優秀な女子学生である。大学4年の春は就職活動でみんな気もそぞろなのだ。

 経団連会長が就職活動の時期などを決める「就活ルール」の廃止を表明した。大学側は現行ルール維持を求めている。今でも授業に支障が出ているのに、廃止したらもっと混乱するのは明らかだ。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです