メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

就活と授業のどちらを選ぶ=論説委員・野沢和弘

 授業中、携帯を耳に当てて立ち上がり教室を出ていく学生がいた。第1志望の会社から合格したとの電話だった。授業の終わりごろ教室に駆け込む学生もいる。面接試験を終えて走ってきたという。

 いずれも私自身が教壇で体験した。有名大学の真面目で優秀な女子学生である。大学4年の春は就職活動でみんな気もそぞろなのだ。

 経団連会長が就職活動の時期などを決める「就活ルール」の廃止を表明した。大学側は現行ルール維持を求め…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文591文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです