メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「多死社会」をどう支えるか=中央大教授・宮本太郎

 「多死社会」が近づくなか、2017年に亡くなった人の数は134万人を超えた。ところが公正取引委員会の調査では、葬儀市場の規模はあまり伸びない。参列者が少ない家族葬や、通夜や告別式を省く直葬が増大しているからだ。盛大な葬儀を勧めたいわけではないが、もともと死を受容する宗教的基盤が弱い日本だからこそ、死を考える機会が減ってはならないのではないか。

 このようなことを考えたのも、先日、東京都小平市で在宅緩和ケアによる「在宅ホスピス」の実現に取り組む…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文694文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. スポットライト 女優・早霧せいなさん 「迷うなら、やれ」精神で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです