連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

「多死社会」をどう支えるか=中央大教授・宮本太郎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「多死社会」が近づくなか、2017年に亡くなった人の数は134万人を超えた。ところが公正取引委員会の調査では、葬儀市場の規模はあまり伸びない。参列者が少ない家族葬や、通夜や告別式を省く直葬が増大しているからだ。盛大な葬儀を勧めたいわけではないが、もともと死を受容する宗教的基盤が弱い日本だからこそ、死を考える機会が減ってはならないのではないか。

 このようなことを考えたのも、先日、東京都小平市で在宅緩和ケアによる「在宅ホスピス」の実現に取り組む山崎章郎医師と対談する機会があったからだ。山崎さんは病院勤務医だった時に、病院の終末期医療において最後の時に誰もが直面するスピリチュアルペイン(こころの苦しみ)への対処が欠落していることに気づく。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文694文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集