メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年 負債64兆円、世界震撼 元FRB副議長ドナルド・コーン氏、元財務官・篠原尚之氏の話

インタビューに応じるドナルド・コーン元FRB副議長=2018年8月13日、清水憲司撮影

危機に備え資本増強を 元FRB副議長 ドナルド・コーン氏

 リーマン・ブラザーズ破綻は不可避だった。深刻な支払い能力不足に陥っており、財務省も米連邦準備制度理事会(FRB)も買い手を見つけられなかった。唯一の救済策は公的資本の注入だったが、当時は法律が未成立で、我々にその権限はなかった。

 リーマン破綻の半年前、ベア・スターンズをJPモルガン・チェースが救済し、市場がやや好転したため、我々は「最悪期は終わった」と考えた。ところが、直後から米経済は深刻な不況に転がり落ちた。本来は夏場に何らかの資本注入制度を整備しておくべきだった。しかし、議会では反対論が多く、危機前に行動するのは現実的ではなかった。

 FRBはその後、量的緩和を実施した。大規模な金融緩和を問題なく「出口」に導けるか、かなり不安の声は…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1443文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです