連載

子育て親子

子どもの成長に生かせる、学校現場の取り組みや専門家のアドバイスなどを紹介します。

連載一覧

子育て親子

秋晴れに 言葉紡ぐ目 閃閃と

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「俳句の裾野を広げることがライフワーク」と話す夏井いつきさん=東京都内で2018年9月5日、坂根真理撮影
「俳句の裾野を広げることがライフワーク」と話す夏井いつきさん=東京都内で2018年9月5日、坂根真理撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 先生に怒られたことも、お母さんへの愚痴も、俳句のネタになると思えば気が楽になる。「俳句には人生を楽しくする力がある」と話す俳人、夏井いつきさん(61)に魅力を聞き、作句に夢中になる子どもたちを訪ねた。

 ●俳句挑戦誰でも

 テレビのバラエティー番組「プレバト!!」(TBS系)で、芸能人の俳句を辛口で添削する夏井さんには、小学生からもファンレターがたくさん届く。番組をきっかけに俳句に興味を持つ子どもは増えているそうだ。「センスや才能がなくても誰でも簡単にできる。自分が思ったことやしゃべったことを、俳句にできると面白くなってくる」。夏井さんは、子どもたちが魅了される理由をこう語る。

 俳句は、5音・7音・5音の17音で作る世界一短い詩。季節を表す言葉「季語」を一つ入れるというルールがある。夏井さんは「俳句は言葉のパズル。まずは5・7あるいは7・5でつぶやいてみて。あとは5音の季語を取り合わせるだけ。まずはここからスタートです」とアドバイスする。

この記事は有料記事です。

残り1596文字(全文2036文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集