メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

秋晴れに 言葉紡ぐ目 閃閃と

「俳句の裾野を広げることがライフワーク」と話す夏井いつきさん=東京都内で2018年9月5日、坂根真理撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 先生に怒られたことも、お母さんへの愚痴も、俳句のネタになると思えば気が楽になる。「俳句には人生を楽しくする力がある」と話す俳人、夏井いつきさん(61)に魅力を聞き、作句に夢中になる子どもたちを訪ねた。

 ●俳句挑戦誰でも

 テレビのバラエティー番組「プレバト!!」(TBS系)で、芸能人の俳句を辛口で添削する夏井さんには、小学生からもファンレターがたくさん届く。番組をきっかけに俳句に興味を持つ子どもは増えているそうだ。「センスや才能がなくても誰でも簡単にできる。自分が思ったことやしゃべったことを、俳句にできると面白くなってくる」。夏井さんは、子どもたちが魅了される理由をこう語る。

 俳句は、5音・7音・5音の17音で作る世界一短い詩。季節を表す言葉「季語」を一つ入れるというルール…

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文2036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです