メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森村泰昌さん

目指すは「美の寺子屋」 大阪の下町に私設美術館 アートの裾野広げ「ひろく、ふかく、ながく」

美術家の森村泰昌さん=大阪市天王寺区で2018年8月21日、梅田麻衣子撮影

 名画に描かれた人物や歴史を彩る著名人に扮(ふん)するセルフポートレート作品で知られる美術家、森村泰昌さんが11月3日、地元・大阪市に自身の作品を紹介する私設美術館を開く。国内外の美術館やギャラリーなどに招かれてきた人気美術家が創設を思い立ったのは、美術館について考えさせられる近年の経験があったという。【岸桂子】

 美術館の名称は「M@M(モリムラ@ミュージアム)」。住之江区の北加賀屋地区にある2階建て築40年の旧家具店で、2階部分(約400平方メートル)を使用する。建物は地元の老舗不動産会社、千島土地(芝川能一社長)が所有する。同社が建物を改修後、森村さんを中心とするチームに運営を委託。原則、毎週金~日曜に開館し、年2、3回程度の企画展を開く予定だ。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです