メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
神戸製鋼所

石炭火発計画、住民が提訴 建設差し止め求め

 神戸製鋼所が2021年以降の稼働を目指す石炭火力発電所(計130万キロワット)の周辺住民ら40人が14日、大気汚染や温暖化の恐れがあるとして、同社や子会社「コベルコパワー神戸第二」、関西電力に建設や稼働の差し止めなどを求める訴訟を神戸地裁に起こした。

 訴状によると、神戸市灘区の高炉跡地で計画中の新発電所2基は年間で硫黄酸化物289トン、窒素酸化物601ト…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです