メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

石炭火発計画、住民が提訴 建設差し止め求め

 神戸製鋼所が2021年以降の稼働を目指す石炭火力発電所(計130万キロワット)の周辺住民ら40人が14日、大気汚染や温暖化の恐れがあるとして、同社や子会社「コベルコパワー神戸第二」、関西電力に建設や稼働の差し止めなどを求める訴訟を神戸地裁に起こした。

 訴状によると、神戸市灘区の高炉跡地で計画中の新発電所2基は年間で硫黄酸化物289トン、窒素酸化物601ト…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです