メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

紅葉直前、名所閑散 温泉地の予約6割減 従業員減らし「倒産も」

 国内有数の人気観光地を抱える北海道は、地震の影響で震源地から離れた観光地も軒並み閑散としている。観光振興の目玉にしていた外国人旅行客のキャンセルも相次いでおり、重要な産業の一つである観光業の失速で地域経済全体が冷え込むことに懸念が広がる。地震の直前に列島を直撃した台風21号でも関西国際空港が閉鎖され、関西各地で外国人観光客が姿を消した。政府は2020年までに訪日外国人(インバウンド)4000万人の目標を掲げ、「観光立国」の実現を目指すが、災害大国の課題を突きつけられた。

 札幌の奥座敷、定山渓温泉(札幌市南区)。定山渓観光協会によると、6日の地震の揺れは震度3で施設に被…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1385文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです