メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最上川

河川敷「公募伐採」募集開始 全国先駆け官民連携

チェーンソーで木材を切る公募伐採の応募者=国土交通省山形河川国道事務所提供

樹木を燃料に 利用者にも利点

 最上川上流を管理する国土交通省山形河川国道事務所(山形市)は、河川敷に生い茂る樹木の伐採を企業や個人に依頼する「公募伐採」を行っている。河川を管理する国や県にとっては河川の安全管理と伐採コスト削減につながり、利用者にとっては薪(まき)ストーブの燃料などが無償で入手でき、人気が高まっている。8月下旬に公募を開始し、来年6月28日まで募る。【松尾知典】

 河川敷の樹木は増水時に川の流れを阻害する恐れがある。河川区域を対象とした公募伐採について、県は20…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです