メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駿河湾フェリー

静岡県が継続へ 寄付船舶所有し体制模索

駿河湾フェリー=島田信幸撮影

 エスパルスドリームフェリー(静岡市清水区)が来年3月末に、清水港と土肥港(伊豆市)を結ぶ「駿河湾フェリー」事業から撤退を表明している問題で、静岡県は来年度、同社の親会社の鈴与(同区)が無償寄付の意向を示している船舶を県が所有する形で事業を継続する方針を固めた。関係者への取材で判明した。川勝平太知事が19日に予定されている定例記者会見で事業継続を正式表明するとみられる。【島田信幸、松岡大地】

 観光客の利用がメインの駿河湾フェリーは次年度の予約を前年10月に始める必要があり、県は事業継続の可…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文628文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 大阪 小2女児ひかれ死亡 37歳会社員逮捕
  3. 名古屋 1歳男児はねられ死亡 23歳会社員逮捕
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです