メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株

4日続伸、8ドル高 貿易摩擦の見通し揺れる

 14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4日続伸し、前日比8.68ドル高の2万6154.67ドルで取引を終えた。米中の貿易摩擦の動向を巡って、一喜一憂する展開だった。

     取引開始直後は、米中の貿易協議が再開される見通しとなったことで、貿易摩擦激化への警戒感が和らぎ、買い注文が先行した。しかし、トランプ米大統領が追加関税を発動しようとしているとの米メディアの報道が伝わると、ダウ平均は一時77ドル安まで売られた。引けにかけて持ち直した。

     ハイテク株主体のナスダック総合指数は3.67ポイント安の8010.04と反落した。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです